立木茂雄(たつき しげお)

同志社大学社会学部教授 Ph.D.(トロント大学)


1955年兵庫県生まれ。1978年関西(かんせい)学院大学社会学部卒。同社会学研究科修士課程修了後、カナダ政府給費留学生としてトロント大学大学院に留学。同博士課程修了。関西学院大学社会学部専任講師・助教授・教授を経て2001年4月より現職。
専門は福祉防災学・家族研究・市民社会論。とくに大災害からの長期的な生活復興過程の解明や、災害時要援護者支援のあり方など、社会現象としての災害に対する防災学を研究。

1995年1月の阪神・淡路大震災時には、関西学院救援ボランティア委員会を組織し、約3ヶ月間で延べ7,500名の学生ボランティアのマネジメントにあたった。1997年から2005年まで被災者復興支援会議T・U・Vメンバーとして被災者の自立支援を目的とした被災者・支援者との直接対話や、生活復興に向けた政策・施策の提言活動を続けてきた。平成17年度兵庫県功労者表彰(震災復興部門)。

2011年3月の東日本大震災時は、直後より宮城県名取市に入り、長期的な生活再建支援に関わっている。また、東北福祉大学や仙台市、仙台市障害者福祉協会と共同で、障害のある仙台市民の被災から復旧・復興における生活課題の解明と具体の支援のあり方に関する研究に取り組んでいる。

(単著)『災害と復興の社会学』(萌書房、2016年)、(単著)『家族システムの理論的・実証的研究[増補改訂版]』(萌書房、2015年、(編著書)『ボランティアと市民社会(増補版)』(晃洋書房、2001年)、(共著)『市民による防災まちづくり』(NHK出版)、(共著)『阪神大震災の社会学』(昭和堂)、(監訳)『民主主義の文法−市民社会組織のためのロバート議事規則入門』(萌書房、02年、新装版14年)。2003年版Imidas(集英社)より「市民活動」の章を担当。

地域安全学会会長(2014年度・2015年度)、内閣府「避難勧告等の判断・伝達マニュアル作成ガイドラインに関する検討会」委員(2016年度)、内閣府「災害時要援護者の避難対策に関する検討会」委員(2005・2006・2009年度)、総務省「コミュニティ研究会」委員(2006年度)、神戸市防災会議専門委員(2013年度〜)、兵庫県児童虐待防止委員および委員長(2001年度〜)、京都市地域コミュニティ活性化推進審議会会長(2011年度〜)、尼崎市男女共同参画審議会会長(2006年度〜)、神戸市地域活動推進委員会委員(2004年度〜)などを歴任。