SAMKG(Student Apathy Measure at Kwansei Gakuin)



次元

下位概念

項目

無力感

疲労感

体がだるいことがある(順)

 

 

疲れやすい(順)

 

 

なんとなく気分がすぐれないことが多い(順)

 

 

力が抜けるような感じがする(順)

 

 

何もないのにいやな気持ちになることがある(順)

 

 

体の調子は今が一番よい(逆)

 

 

しょっちゅう頭がいたい(順)

 

 

いつもゆううつです(順)

 

無感動

しらけた感じになることがよくある(順)

 

 

何をしてもあまり楽しくない(順)

 

 

興味が持てることはなにもない(順)

 

 

最近楽しいことが何もない(順)

 

あきらめ

人生とは全く偶然の積み重ねで、無意味なものである(順)

 

 

私たち一人ひとりは、いわば大きな機械のとりかえのきく部分に過ぎないような気がする(順)

 

 

自分の理想を求めるのは難しい(順)

 

忍耐力のなさ

自分はねばり強い方だと思う(逆)

 

 

ひとつのことを続けることが苦手である(順)

 

 

集中力がない(順)

 

 

たいていの事にはあきらめずに取り組む(逆)

 

 

何でもすぐ飽きてしまう(順)

対人関係消極性

自身のなさ

自分に自信がある(逆)

 

 

自分は何をやってもうまくいかない(順)

 

 

自分は欠点だらけである(順)

 

 

自分は人より劣っているような気がする(順)

 

 

自分は何でも完ぺきにできると思う(逆)

 

 

自慢できるものがひとつでもある(逆)

 

 

自分はぐずでのろまなカメだと思う(順)

 

不安

自分が本当に望んでいる将来がどんなものが分からない(順)

 

 

十年後の自分はどうなっているのかと思うと不安だ(順)

 

 

大人になるのはいやだ(順)

 

消極的性格

知らない人とでもすぐ友達になれる(逆)

 

 

先に話しかけられない限り、自分から進んで話しかけない(順)

 

 

自分は無口な方である(順)

 

 

苦手なタイプの人とも話しができる(逆)

 

 

異性の友達とはうまく話すことができない(順)

学校不適応感

対教師不信感

先生を信頼できる(逆)

 

 

先生は尊敬すべきだし、またしている(逆)

 

 

先生とホンネで話し合える(逆)

 

 

先生とは表面的にしかつき合わない(順)

 

 

先生や学校にはあまり期待していない(順)

 

 

先生には何を言っても無駄だ(順)

 

 

好きな先生がいる(逆)

 

消極的授業態度

授業中ノートはきちんととる(逆)

 

 

好きな授業はほぼ理解できる(逆)

 

 

なんとなく授業を受けているという感じだ(順)

 

 

興味のある学科、授業がある(逆)

 

 

授業を最後までききとおした試しがない(順)

 

 

何のために授業を受けているのか分からない(順)

強迫的性格

几帳面さ

物事をあいまいにしておくことができない(順)

 

 

良いことと悪いこととのの区別ははっきりつけなければ気がすまない(順)

 

 

完ぺきでないと気がすまない(順)

 

 

物事はさいごまできちんとしないと気がすまない(順)

 

 

曲がったことは嫌いだ(順)

 

 

自分の部屋はいつもきちんと片づけておく(順)

 

優勝劣敗への過敏さ

勝ち負けにはとてもこだわる方だ(順)

 

 

勝負は勝たなければ意味がないと思う(順)

 

 

私は負けず嫌いです(順)

 

 

自分は常に一番であるべきだ(順)

(順)順項目

(逆)逆項目

 

SAMKGの各尺度の信頼性(一般中学生調査より)

尺度

項目数

内的一貫性信頼性係数

無力感

20

.865

対人関係消極性

15

.730

学校不適応感

13

.788

強迫的性格

10

.694

注)N=806

 


EISKG(Ego Identity Scale at kwansei Gakuin )


自我同一性

同一性拡散

下位概念(変化・萌芽形)

項目

下位概念(変化・萌芽形)

項目

基本的信頼(時間展望)                           

基本的不信(時間拡散)

基本的信頼

私は、自分自身をいつも信頼している。

基本的不信

私は、自分の考えややり方が他の人と食い違うようい思い、自信を失うことが多い(*)。

基本的信頼

普通、人間はお互いに正直に、かつ誠実に関わり合っているものだ。

(時間拡散)

将来の目的のためや、欲しいものを手にいれるために、現在の楽しみをあきらめることはいやだ(*)。

(時間展望)

私は成長し続けて、魅力的な人間になると思う(*)。

(時間拡散)

私は、欲しいものは我慢できずに今すぐ欲しいと思う。

(時間展望)

私は確かな未来に向かって、一歩一歩進んでいる(*)。

(時間展望)

自分にとって意味のあるものを手にいれるためには時間がかかるとしてもかまわない(*)。

自律性(自己確信)

恥・疑惑(同一性意識)

自律性

私は、自分の個性を自由に表現できない生活に埋もれてしまうことが一番いやだ(*)。

恥・疑惑

子どもは動物のように押さえつけたり、機械のように調整しなければならないと思う。

自律性

私は、自分の欲求や衝動をコントロールできる。

恥・疑惑

何か重大なことを決めなければならないときには、いつも両親に頼る(*)。

(自己確信)

私はいつも、自分で物事を選択し、決定することに自信を持っている。

恥・疑惑

物事をうまくやりとおしたいと思っているのに、うまくいかないことが多い(*)。

(自己確信)

私は、他人とは関係なく、いつも正しい決定を下すことができる(*)。

(同一性意識)

他人は私のことをどう思っているか、といったことがいつも気になる。

(自己確信)

いったんこうと決めたことについて後悔しない。

(自己確信)

私がこれまで決めたことは、たいてい正しかった。

(自己確信)

たいていの場合、私が決めたことは後悔しない。

(自己確信)

今の自分は、私の人生にとってかけがえのない重要な存在である(*)。

(自己確信)

自分のやっていることは、意味のあることだ(*)。

自発性

罪悪感

自発性

10代の時期にクラブなどの集団活動に参加しなかった人は損をしていると思う(*)。

罪悪感

私はいつも何かに追われているのに、空回りばかりでうまく前に進んでいかないように思う(*)。

自発性

私は、目標を達成するためならばどんな困難なことでもやり通すことができる。

罪悪感

私は、子どもの頃の失敗や、将来の不安ばかり考え、現在の生活にやる気がなくなってしまう(*)。

自発性

私は、人間は、価値という点では平等だと信じている。

自発性

私は、他の人が悪いことをしようとしているところを見つけたときには、それを絶対に許すことができない。

勤勉性

劣等感(労働麻痺)

勤勉性

私の生きがいのよりどころは、仲間や仕事(勉強)、芸術的な創造にある。

劣等感

私にしてみればうまく課題をこなせたときでも、他の人はそれを理解したり認めてくれたりしないような気がする。

勤勉性

私は、自分が何かに役だっていると感じる。

劣等感

私は他の人ほどうまくチャンスをつかめないような気がする。

勤勉性

私は、落ち込んだり困ったりしている人を元気づけたりなぐさめたり、相談にのったりすることは非常によいことだと思う。

劣等感

私は人と話すとき、相手をからかったり余計な口出しをしたりしないと、どうもうまく話せないように思う。

勤勉性

一つのことに集中するのは、難しいことではない。

(労働麻痺)

いろいろな生き方があるということが、よく分からない。

勤勉性

私は仕事の出来ばえ(成績)が他の人のそれと比較されるなら頑張ろうと思う。

勤勉性

達成したときに大きな喜びが得られるから、難しいことに挑戦するのは好きだ。

同一性

同一性拡散

同一性

私の生き方は、心から納得できるものである。

同一性拡散

これまでに身につけたやり方や考えを、これからの自分にどう結び付けたらいいのか分からない(*)。

同一性

私は現在自分が進んでいる道にかなり満足している。

同一性拡散

私は「理想の自分」がたくさんあって、どれが本当に「なりたい自分」なのか分からない(*)。

同一性

私は現実の生活の中に生きがいを見いだして、それを発達させている。

同一性拡散

私は、自分自身のことがよく分からなくなっている(*)。

同一性拡散

私は自分の人生で、一体本当に何がしたいのか、はっきり分からない。

親密性

孤立

親密性

私はコンパやパーティなどで、他の人たちをなごませ、楽しませることができる。

孤立

他人とは気楽にうまくやっていかなければなりないとは思うが、必要以上に親しくなることもないと思う。

親密性

私は他の人たちと親密な関係を持つことができる。

孤立

私は、絶対に自分の感情を人に知られたくない。

親密性

私は他の人にとって、とても話しかけたり、相談しやすい人間のようだし、自分でもそう思う。

孤立

一緒に活動してきた人を、たとえ好意をもっていても、本当に知ることはなかったと思う。

孤立

他人とは親しくなりすぎないほうがよい。

孤立

私は、自分さえよければ、あとはどうでもいいと思う(*)。

  1. カッコ内の変数は、青年期の危機における変化形や萌芽形を意味する。
  2. *印のついた項目は、オリジナルEISKG項目から、ダブル・バレル表現を編集している。