立木茂雄『家族システムの理論的・実証的検証−オルソンの円環モデル妥当性の検討
川島書店、1999年3月31日、243ページ

目次

序にかえて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・B

1部 研究の枠組み

第1章 家族システムの計量的研究における方法論上の前提

1.家族システムの計量的研究における方法論上の前提・・・・・・・・・3

 2.構成概念妥当化パラダイム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6

  ) 理論的考察段階・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  2) 構造的・内的考察段階・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  3) 外的考察段階・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・9

2章 家族システム評価のための基礎概念

 1.「きずな」次元に関する研究・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 14
 2.「かじとり」次元に関する研究・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 16
 3.「きずな」と「かじとり」の両次元に関する実証的研究・・・・・・・ 18

  ) 家族ストレスに関する研究・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・18

  ) 家族概念に関する研究・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20

  ) 家族カテゴリー・スキームの研究・・・・・・・・・・・・・・・・・21

  4) ビーバーズ・ティンバーローン・グループの家族相互作用研究・・・・ 22

  ) 家族の社会生態学的研究・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・24

  6) 家族療法家の研究・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・24

  ) まとめ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 26

 4.円環モデルの諸仮説・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 29

  1)構成概念間の機能的関係・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・29

  2)円環モデルと外部変数との関係・・・・・・・・・・・・・・・・・・32 


   第U部 家族システム円環モデルの理論的・実証的研究 
()

       構成概念妥当化パラダイムの発展 (1986年〜1993)

3章 臨床評価尺度に基づく円環モデルの検討

 1.方法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 38

 2.結果と考察 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 39

  1)内的−構造的考察・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  39

  2)外的考察 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  44

 3.結論 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 45

第4章 オルソンらのオリジナル版自己報告式質問紙FACESの検討

 1.自己報告式FACESの内的・構造的検討・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 51

  1FACESおよびFACESU ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 51

  2FACESV・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・54

  3)日本におけるFACES翻訳版の研究・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・57

5章 FACESKG初版の開発と構成概念妥当性の検討:臨床評価尺度から行動計測法SIMFAMKGの併用による多特性・多方法行列実験へ

 1.FACESKGの開発:理論的および内的・構造的検討・・・・・・・・・・・・・63

 2.FACESKGの外的妥当性の検討・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・69

1)  FACESKGと図式投影法による併存的妥当性および構成概念妥当性の検討

2)  FACESKGと臨床評価尺度による構成概念妥当性の検討・・・・・・・・・・・・70

3)  FACESKGSIMFAMKGによる構成概念妥当性の検討・・・・・・・・・・・・77

6 FACESKGUの開発と多特性・多方法行列を用いた構成概念妥当性の検討

 1.FACESKGUの開発:理論的および内的・構造的検討・・・・・・・・・・・・・ 84

  1)予備尺度の作成・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 84

  2)最終尺度の項目特性・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 85

2.多特性・多方法行列を用いたFACESKGUの構成概念妥当性の検討・・・・・・・89

 1FACESV翻訳版とFACESKGUを用いた構成概念妥当性の検討・・・・・・・・・・89

 2FACESKGUとSIMFAMKGを用いた構成概念妥当性の検討・・・・・・・・・・・・91

第7章     確認的因子分析モデルを用いたFACESKGUの構成概念妥当性の検討

1.家族システムの多特性・多方法行列データへの確認的因子分析の応用・・・・・・98

2.FACESKGU開発データの確認的因子分析・・・・・・・・・・・・・・・・・・104

3.中学生の無気力傾向調査データの確認的因子分析・・・・・・・・・・・・・・・112

第8章   FACESKGUを用いた実証家族研究

1.一般中学生の無気力傾向と家族システムの影響・・・・・・・・・・・・・・・・123

2.構造方程式モデルを用いた一般中学生の無気力傾向調査の再分析・・・・・・・・ 126

3.一般高校生の自我同一性・無気力傾向に関する研究・・・・・・・・・・・・・・ 131

4.一般中学生の登校ストレスと家族システムの影響に関する研究・・・・・・・・ 140

1)調査の方法・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 142

2)調査結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・144

 3)考察・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 146 

第V部 家族システム円環モデルの理論的・実証的研究(2):

      カーブリニア尺度の開発(1994年以降)

第9章   FACESKGVの開発と確認的因子分析モデルを用いた構成概念妥当性の検討

1.FACESKGVの開発と内的構造的検討・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・153 

2.確認因子分析モデルを用いた構成概念妥当性の検証・・・・・・・・・・・・・・156

第10章   実証家族研究によるFACESKGVの外的妥当性の検討

1.アルコール依存症の断酒継続・その妻の共依存傾向と家族システム

  の関係に関する実証的研究・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・165

 1)方法・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・165

 2)結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・167

 3)考察・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・171

2.震災ストレスと家族システムの対処に関する実証的研究・・・・・・・・・・・・172 

1)方法・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・174 

2)結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・176

3)考察・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・183

第11章   FACESKGWの開発と構成概念妥当性およびカーブリニア仮説の検討

1.きずな超高水準(ベッタリ)状態の再検討・・・・・・・・・・・・・・・・・・188

 1)カーブリニア仮説の実証的研究・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・188

 2)ベッタリ(enmeshment)家族研究の再検討・・・・・・・・・・・・・・・・・・189

 3)FACESシリーズのきずな・ベッタリ項目の検討・・・・・・・・・・・・・・・・191

 4)FESFAMのきずな項目の検討・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・194

2.FACESKGWの開発と内的・構造的検討・・・・・・・・・・・・・・・・・・・195

 1)アイテムプールの作成・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・195

 2)予備尺度の作成・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・196

 3)予備尺度の実施・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・197

 4)サンプルの属性・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・197

 5)反応通過率による項目分析・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・197

 6)双対尺度法による項目類似性の分析・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・198

 7)因子構造の安定性への貢献度に基づく項目の精選・・・・・・・・・・・・・・・・198

 8)最終項目のきずな・かじとり得点の分布・・・・・・・・・・・・・・・・・・・199

3.確認的因子分析モデルを用いた構成概念妥当性の検証・・・・・・・・・・・・・201

 1)確認的因子分析・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・202

 2)尺度の信頼性の検討・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・202

4.FACESKGWの外的妥当性(カーブリニア仮説)の検討・・・・・・・・・・・・205

5.まとめと考察・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・207

引用・参考文献・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・211

人名索引・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・235

事項索引・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・237


メインページに戻る

URL:http://http://www.tatsuki.org/

All Rights Reserved. COPYRIGHT(C) 1998-05, Shigeo TATSUKI

Department of  Sociology, Doshisha University